特設サイト版「はじめに」

大きな書店にでかけてみると、デザインの本はたくさんあります。それと同じくらい、PCソフトの棚にはアプリケーションの操作についての本があります。そしてマーケティングの棚にも、「売れる○○の発想法!」といった本がたくさん並んでいます。ところが実際にデザインの仕事をするときには、この「デザイン」「アプリ」「マーケティング」の3つは切っても切れない関係にあります。どれかひとつが欠けてもよい広告宣伝物をつくることはできません。本書はこの3つのジャンルを詰め込んだ1冊となっています。頭を働かせて考え、手を動かして作ることを念頭に、筆者自身が“こういうことを教えてほしかった”ということを書きました。デザイン制作に孤立奮闘をしている方をはじめ、多くの方に手にとっていただけることを願っております。

お知らせ

2019.4.11
『はじめるデザイン』の販売が開始されました。フォローアップについては 順次公開となります。

はじめるデザイン
―知識、センス、経験なしでもプロの考え方&テクニックが身に付く

本書で取り上げている内容

デザインとはなにか / デザイン案の考え方 / ターゲットの考え方 / コンセプトとコピーの違い / デザインの制作をするために必要な道具 / 「トンボ」の役割と切り方 / 印刷方法 / フォトショとイラレの違い / アドビ製品のインストールの仕方 / アプリの操作画面の「名前」と「役割」 / ストレスの少ないアプリの使い方 / レイヤーの概念 / 選択範囲とは / クリッピングマスクとは / チラシとはなにか / DMとはなにか / 肌の補正の仕方 / 地図の描き方 / ウェブと紙の違い / ウェブ用の拡張子とサイズ / 「パス」を使った画像の選択(切り抜き) / 押されやすいボタン

作例

多くの企業が必要とする「チラシ」「DM」「バナー」の作り方の手順を掲載しています。
サンプルデータは 技術評論社のウェブサイトからダウンロード可能です(ご購入の証明としてキーワードの入力が必要です)。

  • アートボード / 四角形 / 文字 の入力方法
  • レイアウトの調整
  • 写真と同じ背景色を敷いてA4サイズにする
  • 画像をCMYKにして配置する
  • アウトライン化・埋め込みして入稿する
  • チラシをもっと目立たせるには

  • アートボードを2面作る
  • 人物の写真を補正(レタッチ)する
  • 人物の写真の切り抜き(選択範囲の作成)
  • 地図を描く
  • 背景のパターンを作る
  • アウトライン化・パッケージ化して入稿する
  • PDF入稿の仕方と注意点

  • Photoshopでのバナー制作
  • 「パス」による画像の切り抜き(選択範囲の作成)
  • Illustratorでのバナー制作

はじめるデザイン
―知識、センス、経験なしでもプロの考え方&テクニックが身に付く